バーバリーロンドンのトレンチコートは最高に上品

バーバリーロンドンのトレンチコートは、女性にとって永遠の「憧れ」の存在ではないでしょうか。それは、見た目ばかりではなく着心地も良く、バーバリーロンドン独自のトラディッショナルなモチーフが演出されているからだと思います。前の身頃にあるメタリックのボタンは大きくて少なめに付いてあり、着脱しやすい感覚が心地が良さそうですね。また、トレンチコートはベージュ色ですので汚れが目立ちにくく、ベージュの色はいつまでも人気のあるカラーではないかと思うのです。裏地は、バーバリーロンドンならではのベージュ系で黒と白と赤いのチェックであしらわれていますので、コートを脱いだ瞬間から、「バーバリーロンドンのコート」だということが、すぐに分かります。また、襟首下のBURBERRY LONDONの青と白のロゴマークが、更なるブランドとしての上質な感じを出しています。

78084402

 

サイズは、36ですので標準でいうとSサイズくらいが丁度良いのではないでしょうか。素材は綿95%に、ウレタンが5%で出来ています。また、裏地のチェック柄になっている部分はキュプラで出来ています。全体的にコットンの素材ですから、季節柄関係なくシーズンがフリーで着こなせそうです。肩幅は、38センチと着丈が56.5センチに、身幅が43センチで袖丈が57センチになります。寸法を測ってみて、合いそうならば、購入する視野にも入れたいところだと思います。コーディネートは、スーツの上からだと格好良く決まりますし、Tシャツやカットソーの上からさらっと羽織っても似合いそうです。ボトムスは、黒系のパンツスーツやスラックスなどが似合いますね。また、秋や冬など肌寒くなる季節にはトレンカやレギンスなどを履いていたファッションにスカートやアンサンブルのカーディガンから着ても素敵に着こなせますよ。バーバリーロンドンのトレンチコートという高級感溢れるコートなら、デパートでは恐らく10万以上はかかっても何ら不思議ではありませんが、インターネットの通販をご利用されることで、より手ごろな価格でお買い求め頂けるのも、有難いところですね。

◆◆ オススメ記事 ◆◆

本家か分家か、基本に立ち返って考えるトレンチコート考察

バーバリーといえばトレンチコートですが、トレンチコートといえばバーバリーとも言えます。最初にトレンチコートを制作したメーカーの一つと言われ、アクアスキュータムと並んでトレンチコートのいわば老舗ですね。・・・

今年のトレンドを押さえたバレンシアガのAラインフレアミニスカート

今年流行のイチオシアイテムで欠かすことの出来ないものは何と言ってもスカートです。また今年の特徴としてとても広がりのシルエットが可愛いものは購入すべき必須アイテムです。・・・

伝統と革新・どれを選ぶ?春のレディーストレンチコート

春といえばトレンチコート・・・。
そんな新常識が日本の女性のファッションに定着しつつあります。
雑誌、カタログ類でもトレンチコートを特集し、最近では日本一のポータルサイトがCMで本田翼ちゃんを起用して、「何着ればいいの?」と言いながらトレンチコートを検索する内容で放送していますね。
ファストファッションのメーカーも、今や価格に見合ったとは言えないほど、しっかりした縫製の格安コートを出していて驚きます。
もちろん一流ブランドのものと比べてしまえば差は歴然ですが、長引くデフレの影響もあり、安かろう悪かろうはもう一概には言えない時代になってきました。
それでもトレンチコートの代名詞ともいえるバーバリーの座が揺るがないのは、やはり長きに渡る伝統ゆえでしょうか。
バーバリー創立が158年前、トレンチコートが製造されはじめたのが114年くらい前ですから、当然といえば当然ですね。
アクアスキュータムの知名度も近年上がってきたとはいえ、やはり日本においては、バーバリーの知名度は群を抜いています。
三陽商会のライセンス物が、なにより日本人の心を掴んだのが大きく影響していますよね。
シルエットも時代の移り変わりにあわせて、今は細身のタイトフィットが主流なので、ターゲット層も相当若向きになった印象です。
ただ、日本人の体型もかなり欧米化しているとはいえ、ここまで?と思うほど華奢なデザインも見受けられますね。
袖ぐりが細くなったという話も、百貨店に勤める義理の妹からちらっと聞いたことがありますが、そうなると女性でも仕事でスーツなど着ていたら、ちょっと厳しい感じもしますね。
体型や用途は人それぞれで、そのためにテーラーメイドが存在するのですが、それでは春物をウキウキ選ぶ楽しみとは全く逆の買い物になってしまいます。

バーバリーの良い点は、インポートもの、ライセンスものを合わせて多岐にわたるラインバリエーションがあることですね。
探せば必ず、自分に合ったラインのコートが見つかるでしょう。

◆◆ オススメ記事 ◆◆
バーバリーブルーレーベルの魅力はコート

バーバリーといえば、ギャバジンのトレンチコートや、その裏地の柄である「バーバリーチェック」がよく知られています。そのバーバリーのラインの中でも人気があるバーバリーブルーレーベルは、実は三陽商会・・・

バーバリーのベージュのトレンチコート

バーバリーの魅力は、なんといっても上品でとても質の良いところではらないでしょうか。私が、愛用している製品はバーバリーのトレンチコートになります。これは、実は母から譲って貰ったものです。子供の頃に ・・・

本家か分家か、基本に立ち返って考えるトレンチコート考察

バーバリーといえばトレンチコートですが、トレンチコートといえばバーバリーとも言えます。
最初にトレンチコートを制作したメーカーの一つと言われ、アクアスキュータムと並んでトレンチコートのいわば老舗ですね。
大変上質なもの、縫製も確かで長持ちするものとして、そのブランドとアイテムが定着している数少ない例のひとつと言えます。
長持ちしてずっと着られるとして、どれくらいの年数を思い浮かべますか?
10年、20年位でしょうか?
場合によっては30年以上?
答えは色々です。
使用頻度や男女の違いによって全く変わってくるからですね。
仕事着として毎日使い、重い荷物を肩から掛けていればエポーレットが傷みます。
袖も擦れますし、色によっては雨垂れや泥跳ねが落ちません。
この場合、満足して着られる期間は4、5年くらいかなと思います。
休日のお洒落着としてしか着ないなら、使用感が出るまで仕事着の倍は持ちますよね。
手入れの良さは、腕のいいクリーニング店によっても変わってきます。
そしてレディースの場合は、定番・普遍とはいえ時代によって少なからず流行があります。
ロンドンも昔はたっぷり生地を使ってゆったり大きめのシルエットだったのが、今は比較的タイトフィットに変わってきています。
ブルーレーベルはもともと日本人体型を考慮していますので、少し前のラインでもゆったり過ぎることはないでしょう。
ただし、ロンドンはトラッド志向ですがブルーレーベルは日本の流行を反映している分、デザイン性に時代感が出ないとも限りません。
メンズも初期はゆったりめで少しずつ変わってきていますが、男性はスーツの上に羽織る事が多いので、それほどは気にならずに着られますね。
ただ肩幅などサイズ感を重視するなら、ブラックレーベルの方がよりしっくりくるでしょう。

バーバリーのトレンチコートは、やはりいつかは欲しい憧れの一着です。
でも永遠に着回せるかといえば、残念ながら必ずしもそうではないという事ですね。
着る人の年齢や体格、使用頻度によって、本国のものかライセンスものかを考えてから手に入れましょう。

◆◆ オススメ記事 ◆◆
憧れはバーバリーのトレンチコート

トレンチコートと言ったら真っ先に誰もが思い出すのが、バーバリーですよね。正直以前はコンサバ過ぎると思っていたこのトレンチコート、最近は考えが全く変わりました。バーバリーさんごめんなさい・・・

バーバリーブラックレーベルのコートの査定

バーバリーブラックレーベルのトレンチコートを査定に出したい、高く売りたいとお考えの方がいらっしゃるかと思われます。そのような方は間違いなく大手買取サイトで申込まない方が良いですよ。結局・・・

ベルルッティ(Berluti)の財布

フランスの高級紳士靴ブランドとして有名なベルルッティ(Berluti)。
ベルルッティ(Berluti)特有の上質なレザーを用いて、レザーに様々な色を重ねる技法で深みと味のある商品が多いのが特長のブランドです。
そんなベルルッティ(Berluti)はシューズブランドのイメージが強いですが、革小物もラインナップされているのはご存知でしょうか?
特に今人気のベルルッティ(Berluti)のカリグラフィー柄の長財布はオススメの一品です。

ベルルッティ(Berluti)のカリグラフィー柄は一つ一つ柄の個体差があるためお気に入りのデザインや色みの一品に出会うのを探してる方もいるほどです。
シンプルながらも独特の存在感を持ち合わせているので大人の男性だけでなく女性にも持って欲しいと思うレザーアイテムのひとつでもあります。
個人的にはシンプルなブラックも良いと思いますが、やはりおススメは飴色にエイジング感を楽しんでいただけるブラウンが良いのではないでしょうか。

いかにも!なデザインが目につくブランド財布ですが、ベルルッティ(Berluti)の財布に関しては知る人ぞ知る、真のレザーツウがもつ財布のひとつとなるのではないでしょうか?
男性の憧れのシューズブランドのベルルッティ(Berluti)だけあって、カリグラフィー柄の財布をプレゼントされたら非常に喜ばれるギフトアイテムだと思います。
使う人によって違ったエイジングを楽しむことが出来るのがレザーの良いところ。毎日使う財布だからこそ、本当に気に入った本格的なアイテムを使いたいですよね。
昔から日本では、「春」は財布がはる(張る)といって、この時期はお財布を買い換えるのに良い時期とされています。実はショップでも財布の売れ行きが良くなるのがこの時期なんです。
せっかくの良い時期とされているこの機会に思い切って伝統とその独特のテクニックをもつ老舗ブランド、ベルルッティ(Berluti)の財布に買い換えて、自分も財布もワンランクアップしてみませんか?
ベルルッティの財布を売りたいならこちらのブランドリザーブがオススメです。
ベルルッティ財布の買取

今年のトレンドを押さえたバレンシアガのAラインフレアミニスカート

今年流行のイチオシアイテムで欠かすことの出来ないものは何と言ってもスカートです。
また今年の特徴としてとても広がりのシルエットが可愛いものは購入すべき必須アイテムです。

こちらのシルクAラインフレアミニスカートは以前のトレンドからは少し離れたAラインになっています。
まず、広がり方に、昔のハリウッド女優を彷彿とさせるようなシルエットという点。
また、カラーリングのピンクも少しベージュがかった印象があるという点です。
この二点は非常に重要な今年のトレンドスカートのポイントになりますね。
まず、このようなAラインでしかもフレアな心地の良い素材感を出していることは、女性らしさや、上品さ。こだわり。女性に関して大切にしたい思い。を強くする作りであり、
またピンクベージュのようなふんわりと、且つどんなユースでも着こなせてしまうお洋服としての使いやすさが揃っていますので、
こちらのフレアスカート、非常に長く着ることが出来ると思います。
バレンシアガ 買取

トレンドは常に時代に左右されがちですが意外にもこちらの商品に限って言えば、そう簡単に覆されるようなただのスカートではありません。
このちょうどの良い、やりすぎないさりげなさにバレンシアガというブランドに対しての安心さを感じます。
オフィスワークや、パーティー、急なデート。
まさにこれさえあれば大丈夫、と言ったところです。
またいくつかコーディネートを挙げるとしてこれからの着こなし方は、きちんとスカートのシルエットを見せるように着こなした方が素敵なフレアの様子を醸し出す大きな要素になります。
おすすめはハイネックの黒カットソーを合わせてしまうちょっとこなれた技です。
ピンクにはなるべく同系色の方が良いのでは、と感じてしまうかもしれませんがこのスカートの甘さはこれ位、ぐぐっと締めておくことで体のラインが綺麗に見え、大変美しいです。
今春、こちらのフレアスカートは絶対買うべき素敵な一品になりそうですね。

ウール素材で真冬に対応できるレディーストレンチ風コート

トレンチコートといえば、素材は大体コットンですよね。
ウールのトレンチコートはなかなか見かけません。
もちろん今までにも作られたことが無かった訳ではありませんし、探せば存在はしています。
ですがやはり軍服から発展したアイテムなので、それにならって大半がコットンを使用していますね。

こちらはその希少なウール素材のレディース用トレンチ風コートです。
パンツにもスカートにも合わせやすいミドル丈のコートで、まず目を惹くのが裾に施された2段のフリルです。
これだけでとても女性らしい印象になりますね。
ウールのように厚手の布地にきれいなギャザーを寄せるのは大変難しい仕事ですが、縫製も見事できれいなボリューム感が出ていますね。
トレンチコートの形は本来かっちりとした制服的なイメージがありますが、落ち着いたベージュにふんわりしたフリル、上質なウール素材の暖かみが印象をとても柔らかなものにしています。
袖口はタックを取って丸みを付けたベルスリーブになっており、手首を細く華奢に見せてくれます。
襟もラウンドカラーの優しい印象で、女の子らしい要素がたくさん詰まったコートですね。
裏地には全面におなじみのバーバリーチェックですが、白ベースに黒ラインの2色使いのチェックで、とても爽やかで上品なイメージです。
ボタンの黒がさりげないアクセントになっていますね。

万能色と言われるベージュですので、コーディネートはとてもしやすいです。
スカート、ワンピースで女の子らしさを強調してもいいですし、パンツスタイルで甘辛ミックスでもいいですね。
ボタンに合わせた黒いタイツに、マフラーやベレー帽、手袋やパンプスまで小物を全てアイボリーホワイトで統一すると、とても可愛らしいお嬢様風になります。
インディゴのスキニーデニムにブーティで、こなれた着こなしもトレンチコートらしさが出てカッコいいですよ。

コットンのトレンチコートと違って、ウールなら真冬でも暖かく着られますね。

◆◆ オススメ記事 ◆◆
黒のテーラードジャケットとピンク色のストールのコントラストが最高

冬になるといろいろなアイテムを使ったオシャレなコーディネートが街中でも増えてきます。そんな中、こちらのコーディネートはシックな黒を基調として、コントラストの利いたピンクのストールを巻いています・・・

憧れはバーバリーのトレンチコート

トレンチコートと言ったら真っ先に誰もが思い出すのが、バーバリーですよね。正直以前はコンサバ過ぎると思っていたこのトレンチコート、最近は考えが全く変わりました。バーバリーさんごめんなさい・・・

バーバリーのトレンチコートは時を越えても色あせない

私が20代前半にボーナスで買ったバーバリーのトレンチコートは10年以上経った今でも現役で活躍してくれています。いつかはバーバリーのトレンチコートが欲しいとずっと思っていたので、トレンチコートと・・・

超機能的なライナー付きで手放せなくなるトレンチコート

防寒性の高いトレンチコートといえば、裏地に中綿を入れたキルティング加工タイプと、取り外しの可能なライナー付きタイプがありますが、断然ライナー付きの方が着回せる時期が長くて便利ですよね。

こちらのトレンチコートもライナーが付いています。
普通キルティングライナーの中綿はポリエステルが多いですが、こちらは上質なホワイトグースダウンを使っており、たいへん暖かく、しかもとても軽いです。
特にポリエステルの場合、あまりライナーの中綿がたっぷりだと、着膨れ感が出てしまいトレンチコートのスタイルが崩れてしまいますね。
こちらのダウンは適量で十分な暖かさがあり、表にも響きません。
トレンチコートでダウンジャケット並みの暖かさという優れものですので、冬の通勤用からオシャレ着用まで重宝すること間違いなしです。
しかもこのライナーには、両側3つずつ、計6つの内ポケットが付いており大変便利です。
パスケースにスマートフォン、名刺入れに万年筆、コインケース、フリスクなどなど、バッグに入れると直ぐに出せず不便だからポケットに入れておきたいもの、考えてみると結構ありますよね。
スーツのポケットも合わせるとかなりの収納力になりますので、頼もしい限りです。
グレー系の英国チェック柄もシックなイメージで高級感がありますね。
ライナーを外した時の裏地も揃いのチェック柄です。

それに対して表側は、ライナーにダウンを使って収納ポケットもたくさん、というボリュームを感じさせないスタイリッシュなシルエットです。
これぞトレンチコートという隙のないデザインで、特徴的なのは襟元です。
後ろ襟が高くなっていて、襟の形が立体的ですので首が長く見える効果がありますね。
襟裏にグレー系のチェック柄が施されていてお洒落です。
首元を留める飾りベルトも個性的ですので、襟を立ててチェック柄とともに見せる着こなしも、クールにカッコよく決まりますのでおすすめです。

着回し力№1のブラックカラーですから、迷うことのない一枚です。

◆◆ オススメ記事 ◆◆
カジュアルにもエレガントにも着れるトレンチコート

上着が必要な季節になりました。気に入った上着には滅多に出会う機会がありません。しかしこの、バーバリーロンドンのブルートレンチコートは出掛ける時に着るのに、大変重宝しそうです。 ・・・

黒のテーラードジャケットとピンク色のストールのコントラストが最高

冬になるといろいろなアイテムを使ったオシャレなコーディネートが街中でも増えてきます。そんな中、こちらのコーディネートはシックな黒を基調として、コントラストの利いたピンクのストールを巻いています。・・・

なんにでも着まわし可能な、バーバリーのオシャレコート

まず、このおしゃれなコートに一目ぼれをしました。バーバリーは高価なものばかりなので、憧れでしたが、とても手の出る値段ではなかったので、これまでスカート単品やワンピースくらいしか買えませんでしたが ・・・

黒のテーラードジャケットとピンク色のストールのコントラストが最高

冬になるといろいろなアイテムを使ったオシャレなコーディネートが街中でも増えてきます。
そんな中、こちらのコーディネートはシックな黒を基調として、コントラストの利いたピンクのストールを巻いています。
実はこういったほぼ全身黒のファッションは若者を中心にして流行しています。

インナーは黒ではないようですが、テーラードジャケットとパンツは黒で統一しており、非常にまとまりを感じさせるコーディネートになっていると思います。
黒のテーラードジャケットだけだと若干寒いのではないか?と思いますけど、素材にウールなどが使われているものは案外温かくて、インナーにもしっかりと保温性のあるものを着ておけば、特に問題なく冬を過ごしていくことができるはずです。

色が黒で街中を見ていると、同じようなテーラードジャケットを着ている人は大勢います。
無難なコーディネートとも言えるかもしれませんが、誰にでも似合うファッションという意味ではナイスチョイスとも言えるでしょう。
そして、テーラードジャケットの着こなしという意味では、2ボタンのうち1つしか締めていないというところです。
メンズ ストール
すると、テーラードジャケットの裾の部分から下に着ているインナーの部分が見え隠れしています。
下に着ているインナーが黒と対照的な色だと、非常にその部分が目立ちます。
こういう細かいところにも気を使っていると、同じアイテムを着用していても見た目の印象が全然異なってきます。
そして、最大のポイントはこのストールでしょうね。

蛍光色にも見えるピンク色のストールなので、非常に目立つ存在になっています。
首元にボリュームのあるアイテム、例えばマフラー、スヌードなどを使うと一気に冬らしいコーディネートになります。
ここで使われているストールもそれにバッチリのアイテムで、またジャケットと好対照な色なので映えるところが良いと思います。
全体的にはシンプルに見えつつも、見所はたくさんあるオシャレな冬らしいコーディネートと言えるでしょう。

車で例えるとBMXやベンツ。アルマーニブランドの古着を高く査定してもらうために。

アルマーニの買取について書きたいと思います。

アルマーニは、私も好きでよく買ったりプレゼントで貰ったりするのですが、一番いいのはいらなくなった時の中古買取価格がさほど崩れない事です。
例えばビトンなどのカバンですが、私が知っているので、8万円で買ったカバンが買い取りになると1年も使っていないのに、1万円になったりします。

しかしアルマーニの8万円のバッグは私の場合ですが3万円ちょっとで買い取ってくれました
。使ってる人や使う用途あるいは状態によってすごく変化すると思うのですが、やはり違います。

よく車で例えられるのですが、BMWとベンツはどちらがいいかというと聞かれるとベンツがいいと思いがちですが、
中古になった時の買取価格の値崩れがそれほどしないBMWのほうがいいという風にされます。

ブランドバッグやブランドの財布などはやはりメーカーによって値崩れというか買い取り価格が中古になるとぐんと下がってしまうブランドが存在します。
はっきり言いまして、ビトンやドルガバ、バーバリーなどは買い取り価格がぐんと下がってしまう代表だと思います。

まあ、私の客観的な意見とヤフーオークションや楽天オークションなどでの値段も見て、新品の価格と中古の価格を比較しているので間違いないと思います。
逆にアルマーニや、カルティエなどのメーカーははっきり言うと下取り価格というか、中古になった時に売れる価格、つまり買い取ってくれる価格が高いといえます。

高いと言っても、新品の3分の1ぐらいにはなってしまうのですが、ビトンやドルガバなどの8分の1になる事を考えてみれば、とてもよいと思います。
基本的に買取価格というのは、どうやって決まるかというと、ほぼ年式で決まってしまいます。

年式というのは、2010年モデルや2011年モデルなどはっきりとしています。
やはり古くなればなるほど買い取り価格が安くなってしまいますので、いらないと思ったら、タンスにしまっておくのではなく、買取してもらうのもひとつの手です。
アルマーニ 査定
やはりタンスの肥やしにするよりも、中古で買い取ってもらって、誰かが使ってくれたほうが、その時計やカバンも喜んでくれると思いますので、ぜひそうして下さい。
最後にアルマーニを一番高く売れる方法を買いたいと思います。それは、何店舗のお店に見積もりしてもらう事です。
やはり店によって取り扱い主力製品が違うので、得意、不得意商品があります。

ですからきちんとした価格で評価して買い取ってくれる店を頑張って探したほうが買い取り価格が高くなると思います。

春が待ち遠しい鮮やかバーミリオントレンチコート<ブルーレーベル>

春物トレンチコートは毎年流行が来ますが、昨年は特にネオンカラー系のカラフルなものが席巻しましたね。
冬のダーク系のコーディネートがそろそろマンネリ化してきた頃に、春物の色合いにはどうしても魅かれてしまいます。

こちらはとてもインパクトのあるバーミリオンカラーのトレンチコートです。
春のコートとしては、鮮やかではありますが決して派手過ぎではありません。
朱色ですが、ほんの少しだけホワイトを加えたようなトーンなので、とても上品で美しい色合いです。
顔色を良く見せてくれる効果もあり、春らしい華やかメイクも映えますね。
シルエットも適度なタイトさで、裾のAラインが女性的できれいです。
袖にも工夫があり、袖ベルトの位置を上にしてベルスリーブ仕立てにしています。
二の腕が細く見えて、なおかつ腕も長く見えます。
袖を折り返してアクセントをつけると、また違った表情になりますね。
裾の長さも絶妙な膝上丈で、パンツスタイルはもちろん、スカートにパンプス、ブーツと、どちらも合わせやすいです。
トレンチコートのバーバリーと言われるだけあって、着る人をスタイルアップするデザイン力はさすがですね。

裏地にも手を抜かないのがバーバリーの特徴ですが、こちらは特にきれいな配色の変則ドット柄です。

思わず脱いで見せたくなってしまう可愛さですよ。
前ボタンの合わせが冬コートのようには深くないので、前を開けて羽織るように着ても身ごろがもたつきませんし、チラリと裏地がみえてお洒落ですね。

個性的な色ではありますが甘過ぎず、コーディネートは驚くほどしやすいです。
まだ肌寒い時期なら、ブラックやグレーのニット、ブラウン系のツイードの上に羽織ってもマッチします。
暖かくなってきたら、白やベージュ、ライトグレーなど明るめトーンの服に合わせて、コートを主役にするのがベストでしょう。
パンプスやブーツも、ブラック、ブラウン、ベージュにグレーと、お手持ちのものは殆どコーディネート可能でしょう。

春を先取りできて、大活躍間違いなしの一品です。